期末棚卸高 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

期末棚卸高



期末棚卸高とは

期末棚卸高の定義・意味など

期末棚卸高(きまつたなおろしだか)とは、実地棚卸によって決定された商品製品半製品原材料仕掛品などの棚卸資産期末在庫を処理する費用勘定をいう。

法人・個人の別

法人・個人

期末棚卸高は法人・個人で使用される勘定科目である。

他の勘定科目との関係

期首棚卸高

期末棚卸高は翌期の期首棚卸高となる。

期末商品棚卸高期末製品棚卸高等

期末棚卸高は期末商品棚卸高期末製品棚卸等の総称である。

商品については期末商品棚卸高勘定を、そして、製品等については期末製品棚卸勘定等を用いてもよい。

期末棚卸高の決算等における位置づけ等

財務諸表における区分表示表示科目

商品期末棚卸残高

商品期末棚卸残高については次のページを参照。

期末商品棚卸高

製品期末棚卸残高

期末棚卸高の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
商品の期末棚卸高

商品の期末棚卸高については次のページを参照。

期末商品棚卸高

製品の期末棚卸高

管理
棚卸在庫管理

棚卸在庫管理)は毎月行うことが理想であるが、期末だけ行うこともできる。

なお、在庫が増えると資金繰りが悪くなるので、在庫管理はしっかりと行う必要がある。

取引の具体例と仕訳の仕方

期末決算時)

取引

決算にあたり、棚卸によって決定された商品製品)の期末在庫100万円を計上した。

仕訳

借方科目
貸方科目
商品製品 100万 期末棚卸高 100万

期首

取引

期首に、前期の期末在庫100万円の振替処理をした。

仕訳

借方科目
貸方科目
期首棚卸高 100万 商品製品 100万

期末棚卸高の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

消費税法上、期末棚卸高は原則として不課税取引として消費税の課税対象外である。

ただし、課税事業者免税事業者となった場合、期末棚卸高は仕入税額控除の対象とはならない(消費税法36条5項)。

逆に、免税事業者が新たに課税事業者となった場合、課税事業者となる日の前日において所有する商品のうちに、納義務が免除されていた期間において仕入れ商品がある場合は、その商品に係る消費税額を課税事業者になった課税期間仕入れに係る消費税額の計算の基礎となる課税仕入れ等の額とみなして仕入税額控除の対象とされる。

No.6491 免税事業者課税事業者となったとき|消費税国税庁 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6491.htm



| 現在のカテゴリ:費用―売上原価 |

現在のカテゴリ:費用―売上原価

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「費用―売上原価」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 仕入(仕入高)
  2. 期首棚卸高
  3. 期末棚卸高
  4. 期首商品棚卸高
  5. 期末商品棚卸高
  6. 仕入値引(仕入値引高)
  7. 仕入戻し(仕入戻し高・仕入返品)
  8. 仕入割戻(仕入割戻高・仕入リベート)
  9. 商品評価損



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:費用―売上原価 の位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―売上原価」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー