在庫―在庫管理―棚卸―実地棚卸(棚卸・たな卸) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

在庫―在庫管理―棚卸―実地棚卸(棚卸・たな卸)



実地棚卸とは

実地棚卸の定義・意味など

実地棚卸(じっちたなおろし)とは、帳簿上ではなく、定期的に(月末・決算日など)実地で実際に行う棚卸をいう。

実地棚卸の別名・別称・通称など

棚卸

実地棚卸は、単に棚卸と呼ばれることも多い。

実地棚卸の実施要領

次のページを参照。

棚卸表の作成

実地棚卸の方法

棚卸計算法

実地棚卸の具体的な方法として棚卸計算法実地棚卸法棚卸法)がある。

実地棚卸の位置づけ・体系(上位概念等)

棚卸

実地棚卸は棚卸の1つである。

棚卸は次の2つの種類に分類される。

  1. 帳簿棚卸
  2. 実地棚卸

帳簿棚卸

実地棚卸に対し、帳簿上で行う棚卸帳簿棚卸である。

本来ならば、帳簿棚卸により算定された在庫数量=帳簿棚卸数量帳簿有高)と実地棚卸により実際に調べた在庫数量=実地棚卸数量とは一致するはずである。

しかし、商品の盗難(万引き)・紛失や入力ミスなどの理由で両者は一致しないことも多い。

そこで、帳簿棚卸による場合であっても、記録の正確性を確認するために、定期的(月末・決算日など)に実地棚卸を行って実地棚卸数量を調べ、帳簿棚卸数量との照合を行う。

ただし、商品に関しては、決算日に一度、期末商品棚卸高評価においてなされるのが一般的である。

なお、この期末に行われる実地棚卸を特に決算棚卸などと呼ぶこともある。

期末商品の評価―商品の数量の再評価―棚卸減耗

実地棚卸の目的・役割・意義・機能・作用など

実地棚卸は次の目的のために行われる。

  1. 在庫管理に必要である
  2. 期末棚卸高の確定

1.在庫管理

2.期末棚卸高の確定

たとえば、当期の商品仕入高のなかには、前期の仕入額ではあるが当期の費用とすべきもの (前期に仕入れ商品が当期で販売された場合。つまり、前期から繰り越された在庫商品期首商品棚卸高)や、逆に当期の費用とはすべきではないもの(当期に仕入れ商品が売れ残った場合。つまり、当期に売れ残った在庫商品期末商品棚卸高)が含まれている場合がある。

当期に売れ残った在庫商品については、売上原価として当期の費用に計上することはできない。

したがって、本年分の必要経費となる商品などの売上原価消耗品費などは、費用収益対応の原則から、本年中の商品などの仕入高消耗品などの購入高がそのままなるのではなく、次の計算式で算定した額となる。

売上原価期首商品棚卸高 + 年間の仕入高期末商品棚卸高
消耗品費期首棚卸高 + 年間の購入高 - 期末棚卸高

そこで、商品消耗品費などの期末棚卸高を確定する必要があるが、そのためには期末棚卸を行ってその正確な在庫数量を調べる(売れ残った商品在庫等を把握する)必要がある。

なお、これは、法的には、費用を実際の売上高に対応する仕入額(必要経費)ないしは損金にまで減額するための作業ともいえる。

実地棚卸と関係する概念

派生概念
棚卸資産

実地棚卸をすべき(棚卸しによって額を決定する)資産のことを棚卸資産という。

棚卸表

棚卸表

実地棚卸の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
期末決算時)等

実地棚卸(商品

決算時には、実地棚卸によって決定された期末時点の在庫(つまり、当期に売れ残った在庫)=期末商品棚卸高商品勘定振り替え売上原価から控除する。

具体的には、当期に売れ残った在庫仕入原価の合計額を期末商品棚卸高(または期末棚卸高勘定貸方に記帳して(つまり、期末商品棚卸高を減少させて)これを売上原価から控除するとともに、商品勘定借方に記帳して資産計上する。

つまり、当期の費用とはすべきではない期末商品棚卸高費用)をいったん商品資産)として計上するわけである。

期首

振替処理

期末時点の在庫は翌期以降に販売するため、翌期首には、いったん商品資産)として計上した期末商品棚卸高を再び期首商品棚卸高勘定費用)に振り替える。

具体的には、期末商品棚卸高商品勘定貸方に記帳してこれを減少させるとともに、期首商品棚卸高勘定借方に記帳してこれを増加させる。

管理
棚卸在庫管理

棚卸は毎月行うことが理想であるが、期末だけ行うこともできる。

なお、在庫が増えると資金繰りが悪くなるので、在庫管理はしっかりと行う必要がある。

取引の具体例と仕訳の仕方

期末決算時)

取引

決算にあたり実地棚卸によって決定された商品在庫100万円を計上した。

仕訳

借方科目
貸方科目
商品 100万 期末商品棚卸高期末棚卸高 100万

期首

取引

期首に、前期の期末在庫振替処理をした。

仕訳

借方科目
貸方科目
期首商品棚卸高期首棚卸高 100万 商品 100万

実地棚卸の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

消費税法上、実地棚卸により決定された期末商品棚卸高は原則として不課税取引として消費税の課税対象外である。

ただし、課税事業者免税事業者となった場合、期末商品棚卸高仕入税額控除の対象とはならない(消費税法36条5項)。

逆に、免税事業者が新たに課税事業者となった場合、課税事業者となる日の前日において所有する商品のうちに、納義務が免除されていた期間において仕入れ商品がある場合は、その商品に係る消費税額を課税事業者になった課税期間仕入れに係る消費税額の計算の基礎となる課税仕入れ等の額とみなして仕入税額控除の対象とされる。

No.6491 免税事業者課税事業者となったとき|消費税国税庁 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6491.htm



| 現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―在庫 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―在庫」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 在庫
  2. 在庫―在庫管理
  3. 在庫―在庫管理―棚卸
  4. 在庫―在庫管理―棚卸―帳簿棚卸
  5. 在庫―在庫管理―棚卸―帳簿棚卸―継続記録法(帳簿棚卸法)
  6. 在庫―在庫管理―棚卸―帳簿棚卸―継続記録法―①単価の算定方法(棚卸資産の評価方法)
  7. 在庫―在庫管理―棚卸―帳簿棚卸―継続記録法―②数量の算定方法―帳簿棚卸数量
  8. 在庫―在庫管理―棚卸―実地棚卸(棚卸・たな卸)
  9. 在庫―在庫管理―棚卸―実地棚卸―棚卸計算法(実地棚卸法・棚卸法)
  10. 在庫―在庫管理―棚卸―実地棚卸―棚卸計算法―実地棚卸数量



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:商品売買―一般商品売買―在庫 の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買―一般商品売買―在庫」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー