新株発行費 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

新株発行費



新株発行費とは

新株発行費の定義・意味など

新株発行費(しんかぶはっこうひ)とは、会社設立後の新株の発行増資)、または自己株式の処分のための費用繰延資産として計上するための勘定科目をいう。

新株発行費の歴史・沿革・由来・起源・経緯など

2006年8月11日公表の「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い
株式交付費

新株発行費は株式交付費と名称変更された。

新株発行費勘定の範囲・具体例

範囲

新株発行を伴わない増資も、登記費用などは本科目で処理をする。

具体例

新株発行費として処理をするものとしては、具体的には、次のようなものがある。

新株発行費の決算等における位置づけ等

新株発行費の財務諸表における区分表示表示科目

貸借対照表資産繰延資産 > 新株発行費

新株発行費勘定会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

新株発行費は、原則として支出した年度費用処理する。

ただし、繰延資産として計上した場合には、新株発行後3年以内で毎期均等額以上を償却する。

取引の具体例と仕訳の仕方

増資仕訳

増資にかかる費用銀行振込で支払い、繰延資産とした。

借方科目貸方科目
新株発行費
××××
当座預金
××××



| 現在のカテゴリ:資産―繰延資産 |

現在のカテゴリ:資産―繰延資産

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産―繰延資産」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 創立費
  2. 開業費
  3. 開業費―範囲・具体例
  4. 開業費―会計処理
  5. 試験研究費
  6. 開発費
  7. 新株発行費
  8. 株式交付費
  9. 社債発行費(社債発行費等)
  10. 社債発行差金
  11. 新株予約権発行費
  12. 長期前払費用(税法上の繰延資産)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産―繰延資産 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産―繰延資産」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー