開業費―範囲・具体例 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


開業費―範囲・具体例


開業費の範囲と具体例

開業費の範囲

開業費の範囲については、会計上と法上とで異なっているが、実務上は、通常、法にしたがって処理をする。

会計上の範囲
経常的な費用+特別に支出する費用

会計上、開業費の範囲は、開業準備費用のすべて、すなわち、一般管理費など会社の維持費である経常的な費用と、特別に支出する費用とが含まれる。

ただし、事業所・事務所・店舗などの敷金保証金や備品などの資産は、開業費ではなく、通常の資産勘定資産計上して減価償却をする。

法上の範囲
特別に支出する費用

法上の開業費の範囲は、会計上の範囲より適用範囲が狭い。

すなわち、開業準備費用のうち特別に支出する費用(「事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用」)に限定されている(法人税法施行令14条1項2号・所得法施行令7条1項1号)。

したがって、経常的な費用は、開業費としてではなく、その支出時に費用処理をする。

なお、個人事業主の場合は、会社・法人の場合のように、「法人の設立後」に要した費用に限定されていない。

したがって、たとえば、開業の準備に何年もかかる場合があっても、開業の前年度以前に発生した開業準備の費用をすべて一括して開業費として処理をすることが可能である。

開業費の具体例

経常的な費用の具体例

経常的な経費の具体例としては、次のようなものがある。

袴田 正美,袴田 幸江 『経理 勘定科目のことがよくわかる事典』 西東社、2007年、114項。中野智之 『最新版 仕訳がすぐわかる 経理勘定科目事典』 ナツメ社、2007年、115項。

特別に支出する費用の具体例

特別に支出する費用の具体例としては、次のようなものがある。

袴田 正美,袴田 幸江 『経理 勘定科目のことがよくわかる事典』 西東社、2007年、114項。中野智之 『最新版 仕訳がすぐわかる 経理勘定科目事典』 ナツメ社、2007年、115項。

免許業種のような許認可取得費用

免許業種のような許認可取得費用も、特別に支出する費用として、開業費に含まれる。



| 現在のカテゴリ:資産―繰延資産 |

現在のカテゴリ:資産―繰延資産

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「資産―繰延資産」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 創立費
  2. 開業費
  3. 開業費―範囲・具体例
  4. 開業費―会計処理
  5. 試験研究費
  6. 開発費
  7. 新株発行費
  8. 株式交付費
  9. 社債発行費(社債発行費等)
  10. 社債発行差金
  11. 新株予約権発行費
  12. 長期前払費用(税法上の繰延資産)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:資産―繰延資産 の位置づけ

現在のカテゴリ:「資産―繰延資産」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー