剰余金の配当―配当金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。



剰余金の配当―配当金

配当金とは 【dividend

配当金の定義・意味など

配当金(はいとうきん)とは、株式会社株主に対して交付した銭(→剰余金の配当)をいう。

配当金の位置づけ・体系(上位概念等)

会社
剰余金の配当

旧商法
利益処分

社外流出

会社利益をあげた場合は、株主総会により利益の使い方を決定することを利益処分という。

この利益処分の内容としては、次の2つに大別される。

  1. 社外流出
  2. 社内留保内部留保

株主に対する配当金は、上記のうち、社外流出の項目のひとつに位置づけられる。

なお、 配当金の原資(配当可能利益)となるものが繰越利益剰余金である。

配当金の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
配当金を支払う側

剰余金の配当株主総会利益配当の場合)または取締役会(中間配当の場合)で決議されるが、実際に配当金が支払われるのは後日となるため、決議時は未払配当金勘定負債)で処理をする。

配当金を受け取る側

会社の場合

株式などの配当金を受け取ったときは、受取配当金勘定で処理をする。

その際、国税地方税が控除(源泉徴収)されて受け取ることになるので、その分を仮払法人税等勘定などを用いて計上しておく必要がある。

個人事業主の場合

個人事業主の場合は、配当金は事業上の収益にはならないので、事業主借勘定で処理をする。

取引の具体例と仕訳の仕方

配当金を支払う側
利益配当中間配当

取引

株主総会の決議により、繰越利益剰余金を原資として1000万円の剰余金の配当を決議した。また、それに伴い、その1/10を利益準備金に繰り入れた。

仕訳

借方科目
貸方科目
繰越利益剰余金 1100万円 未払配当金 1000万円
利益準備金 100万円

配当金を受け取る側
会社の場合

取引

株式の配当金を受け取った。

仕訳

借方科目
貸方科目
普通預金 ×××× 受取配当金 ××××
仮払法人税等

配当金の務・法・制上の取り扱い

源泉徴収

株主配当をする場合などは、原則として所得20%(地方税なし)の率による、源泉徴収をする必要がある。

配当金未払いのため、源泉徴収をしていなかった場合でも、配当金支払確定日から1年経過後の翌月10日には配当金の20%の源泉所得税を納しなければならない。



| 現在のカテゴリ:計算 |

現在のカテゴリ:計算

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「計算」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 資本金
  2. 資本金の額の減少(資本金の減少・減資・資本の減少・資本減少)
  3. 資本金の額の減少―無償減資(形式的減資・名目的減資・帳簿上の減資)
  4. 資本金の額の減少―有償減資(実質的減資)
  5. 準備金(積立金)
  6. 準備金―準備金の額の減少(準備金の減少・資本準備金の減少・利益準備金の減少)
  7. 準備金―分類―法定準備金
  8. 準備金―分類―任意準備金(任意積立金)
  9. 剰余金の配当
  10. 剰余金の配当―中間配当
  11. 剰余金の配当―配当金
  12. 剰余金の配当―分配可能額


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:計算 の位置づけ

現在のカテゴリ:「計算」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー