貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―その他資本剰余金 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―その他資本剰余金



その他資本剰余金とは

その他資本剰余金の定義・意味など

その他資本剰余金(そのたしほんじょうよきん)とは、資本準備金以外の資本剰余金をいう。

なお、勘定科目としてのその他資本剰余金勘定については次のページを参照。

その他資本剰余金勘定

企業会計原則
〔注2〕資本取引損益取引との区別について(一般原則三)
(2) 商法上資本準備金として認められる資本剰余金は限定されている。従って、資本剰余金のうち、資本準備金及び法律で定める準備金資本準備金に準ずるもの以外のものを計上する場合には、その他の剰余金の区分に記載されることになる。

企業会計基準第5号
貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
純資産の部の表示
6. 個別貸借対照表上、資本剰余金及び利益剰余金は、さらに次のとおり区分する。
(1) 資本剰余金は、資本準備金及び資本準備金以外の資本剰余金(以下「その他資本剰余金」という。 )に区分する。

財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
資本剰余金区分表示
第六十三条  資本剰余金に属する剰余金は、次に掲げる項目の区分に従い、当該剰余金の名称を付した科目をもつて掲記しなければならない。
 資本準備金
 その他資本剰余金資本準備金及び法律で定める準備金資本準備金に準ずるもの以外の資本剰余金をいう。)

その他資本剰余金の範囲・具体例

剰余金の配当

その他資本剰余金資本取引から生じた剰余金であり、本来は配当不可であるが、会社法ではその他利益剰余金とともに剰余金の配当の原資とされている。

その他資本剰余金の位置づけ・体系(上位概念等)

資本剰余金

その他資本剰余金資本剰余金のひとつである。

資本剰余金資本準備金その他資本剰余金に大別される。

その他資本剰余金の法的性格・性質

株主資本

その他資本剰余金資本剰余金のひとつとして、会社財産のうち事業元手である株主資本の一部を構成する。

その他資本剰余金決算等における位置づけ等

その他資本剰余金財務諸表における区分表示表示科目

貸借対照表純資産の部 > 株主資本資本剰余金その他資本剰余金

ただし、連結財務諸表ではその他資本剰余金は表示されない。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 22 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 貸借対照表―純資産
  2. 貸借対照表―純資産―区分表示
  3. 貸借対照表―純資産―資本(会計上の資本)(純資産・自己資本・株主資本)
  4. 貸借対照表―純資産―資本―資本等式
  5. 貸借対照表―純資産―株主資本
  6. 貸借対照表―純資産―株主資本―資本金
  7. 貸借対照表―純資産―株主資本―新株式申込証拠金
  8. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金
  9. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金
  10. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―資本準備金
  11. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―資本準備金―株式払込剰余金
  12. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―資本剰余金―その他資本剰余金
  13. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金
  14. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―利益準備金
  15. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金
  16. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金(任意準備金)
  17. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金の取り崩し
  18. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―任意積立金―別途積立金
  19. 貸借対照表―純資産―株主資本―剰余金―利益剰余金―その他利益剰余金―繰越利益剰余金
  20. 貸借対照表―純資産―株主資本―自己株式申込証拠金
  21. 貸借対照表―純資産―評価・換算差額等
  22. 貸借対照表―純資産―新株予約権



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「貸借対照表(純資産)の区分表示と表示科目など(法人・個人)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー