引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計


(" 貸倒れ―期末―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定(貸倒見積高の算定) "から複製)

貸倒見積額の算定

貸倒見積額の算定方法については、会計上と法上とで異なる。

実務では法にしたがい、必要経費損金として認められる貸倒引当金の繰入限度額額を設定することが多い。

また、「中小企業の会計に関する指針」でも、所得法人税法上で算定される貸倒引当金繰入限度額が明らかに取立不能見込額に満たない場合を除き、同繰入限度額相当額をもって貸倒引当金とすることができるものとしている。

中小企業の会計に関する指針
18.貸倒引当金
(3) 取立不能見込額は、債務者の政状態及び経営成績に応じて次のように区分し、算定する。
① 原則的な算定方法

法人税法上の基準による算定方法
本指針においては、次に掲げる平成23年度制改正(平成23年12月改正) 前の法人税法の区分に基づいて算定される貸倒引当金繰入限度額が明らかに 取立不能見込額に満たない場合を除き、当該繰入限度額をもって、当期の貸 倒引当金入金額とすることができる。

しかし、正確な決算書を作成するという観点からは、法上、必要経費損金不算入とされている場合でも、貸倒引当金を計上したほうがよい。

また、節の観点からも、法上必要経費損金として認められる限度額の貸倒引当金を設定したほうがよい。

ただし、会計上で見積られた貸倒引当金法上の限度額を超過する場合には、その額について確定申告時に別表4で加算調整を行う必要が生じる。

会計

金融商品に関する会計基準」では、次の債権の3つの区分に応じた所定の算定方法により貸倒見積額を計上するものとしている。

これは、貸倒引当金の設定にあたり、相手の状況に応じて債権を区分することで、貸倒見積額を適切に算定するためである。

  1. 一般債権
  2. 貸倒懸念債権
  3. 破産更生債権等

詳細については、上記リンク先をクリック。なお、次のページも参照。

会計上の貸倒引当金の設定・貸倒見積額(貸倒見積高)の算定

なお、「金融商品に関する会計基準」は評価に関する基準であって、表示に関する基準ではないので、上記の債権の区分は破産更生債権等を除き勘定科目(または貸借対照表上の表示科目)とは連動していないので注意。

後述するように破産更生債権等だけは一般債権売掛金受取手形貸付金勘定など)を破産更生債権等勘定振り替えることが求められている。

1.一般債権

通常の債権である一般債権貸倒れの危険性が少ないことから、過去の貸倒れの実績を基準にして引当金を計上する貸倒実績率法によるものとされている。

その計算式は以下のとおりで、貸倒見積額貸倒引当金設定額)は売上債権期末残高に一定率を乗じることで算出される。

貸倒見積額貸倒引当金設定額)= 売上債権期末残高 ✕ 一定率

『日商簿記3級 商業簿記 スピード攻略テキスト』 DAI-X出版、2004年、263項。

2.貸倒懸念債権

貸倒懸念債権は業績が悪化した相手先に対する債権なので、債権額から担保の処分見込額および保証による回収見込額を減額し、その残額(つまり、回収不能と見込まれる額)について債務者の政状態と経営成績を考慮して貸倒見積高を算定する。

また、この方法に加えて、債権の時価ともいえるNPVによる債権評価もできる。

これにより、貸倒れのおそれのある債権については、将来の回収見込額を割引計算して評価が行われることとなった。

3.破産更生債権等

破産更生債権等は実質的に倒産している相手先に対する債権なので、債権額から担保の処分見込額および保証による回収見込額を減額し、その残額(つまり、回収不能と見込まれる額)の全額を貸倒見積高とする。

なお、破産更生債権等については財務諸表等規則32条で貸借対照表上、区分掲記しなければならないと規定されているので、期中売上債権などの債務者が経営破綻または実質的に経営破綻に陥ったときは、一般債権売掛金受取手形貸付金勘定など)を破産更生債権等勘定振り替え会計処理も別途必要になるので注意を要する。

「債務者が経営破綻または実質的に経営破綻に陥った」具体例(破産更生債権等の具体例)については次のページを参照。

破産更生債権等の範囲・具体例

なお、一般債権貸倒懸念債権についてはこの会計処理は不要である。ただし、貸倒懸念債権についても貸倒懸念債権勘定振り替えることもある。

法(所得法・法人税法)では、債権を個別評価金銭債権一括評価金銭債権とに区分したうえ、それぞれに係る貸倒引当金の繰入限度額を規定し、必要経費または損金に算入できる貸倒引当金を制限している。

  1. 一括評価金銭債権
  2. 個別評価金銭債権

なお、法上の「1.一括評価金銭債権」は会計上の「1.一般債権」に、そして、「2.個別評価金銭債権」は「2.貸倒懸念債権」「3.破産更生債権等」に対応するが、両者の定義は若干異なる。

詳細については次のページなどを参照。

税法上の貸倒引当金繰入限度額



| 現在のカテゴリ:引当金 |

現在のカテゴリ:引当金

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 23 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「引当金」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 引当金
  2. 引当金―税務処理
  3. 引当金―分類―評価性引当金
  4. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金
  5. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定
  6. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計
  7. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計―一般債権
  8. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計―一般債権―貸倒実績率法
  9. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計―貸倒懸念債権
  10. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―会計―破産更生債権等
  11. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額
  12. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額―一括評価
  13. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額―一括評価―一括評価金銭債権(一括評価貸金)
  14. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額―一括評価―乗数―貸倒実績率
  15. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額―一括評価―乗数―法定繰入率
  16. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額―個別評価
  17. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒見積額の算定―税法―貸倒引当金繰入限度額―個別評価―個別評価金銭債権
  18. 引当金―分類―評価性引当金―貸倒引当金の設定―貸倒引当金の設定方法
  19. 引当金―分類―負債性引当金
  20. 引当金―分類―負債性引当金―退職給付引当金
  21. 引当金―分類―負債性引当金―退職給付引当金の設定
  22. 引当金―分類―負債性引当金―修繕引当金
  23. 引当金―分類―負債性引当金―修繕引当金の設定



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:引当金 の位置づけ

現在のカテゴリ:「引当金」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー