小規模企業共済 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


小規模企業共済


(" 退職給付制度―分類―確定拠出型―小規模企業共済制度 "から複製)

小規模企業共済とは

小規模企業共済の定義・意味・意義

小規模企業共済とは、個人事業主や中小企業の経営者・役員退職金代わりに設けられている国の共済制度である。

毎月、お金を積み立てて、事業をやめるときなどに、に応じた共済を通常の預金利子よりも有利な利率で受け取ることができる。

 

小規模企業共済制度の趣旨・目的・役割・機能

経営者の退職金制度

小規模企業共済は、いわば国がつくった「経営者の退職金制度」といわれている。

 

経営者の年金制度

小規模企業共済は、退職金としてを一括して受け取ることができるが、年金型の受け取り方法を選択することもできる。

この場合は、10年間または15年間の分割での受け取りとなるので、小規模企業共済は実質的に国民年金的な機能を果たすことになる。

実際、小規模企業共済に加入していれば国民年金は必要ないと考えて、国民年金を支払わない富裕層がいるともいわれている。

 

小規模企業共済共済制度の位置づけ・体系

小規模企業共済制度は、確定拠出型退職給付制度の一つである。

確定拠出型退職給付制度には、小規模企業共済も含め、次のようなものがある。

 

小規模企業共済制度の根拠法令・法的根拠・条文など

小規模企業共済制度は、小規模企業共済法に基づき昭和40年に発足した制度である。

 

小規模企業共済制度の運営主体

小規模企業共済制度の運営については、「独立行政法人中小企業基盤整備機構」が行なっている。

 

小規模企業共済の制度内容

小規模企業共済の掛金

 

小規模企業共済共済制度の特色・特徴(使用・利用・活用方法や使い方のポイント・実務)

小規模企業共済共済は強力な節ツールであり、また、金融商品の一つとしても考えることができる。

ただし、任意解約等すると厳しいペナルティも課されるので、実質的には流動性がかなり制限されることになる。

詳細については、次のページを参照。

小規模企業共済共済制度の特色・特徴(使用・利用・活用方法や使い方のポイント・実務)

 

 

小規模企業共済会計簿記経理上の取り扱い

次のページを参照。

小規模企業共済の会計・簿記・経理上の取り扱い

 

 

小規模企業共済務・法・制上の取り扱い

次のページを参照。

小規模企業共済の税務・税法・税制上の取り扱い

 



| 現在のカテゴリ:さ行―し(しよう) |

現在のカテゴリ:さ行―し(しよう)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 21 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「さ行―し(しよう)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 消化器
  2. 少額繰延資産
  3. 少額減価償却資産
  4. 浄化水槽
  5. 小規模企業共済
  6. 商業手形
  7. 商業手形割引
  8. 商工会議所会費
  9. 上棟式(上棟祭・建前・棟上げ)
  10. 譲渡性預金
  11. 試用販売
  12. 消費税の還付(確定申告時・還付時)
  13. 消費税の計上(決算時)
  14. 消費税の納付(確定申告時)
  15. 商標権
  16. 商品(未着品)の到着
  17. 商品券
  18. 商品評価損
  19. 情報提供料
  20. 証明書発行手数料
  21. 賞与



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:さ行―し(しよう) の位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―し(しよう)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー