商品売買―記帳方法―分記法 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

商品売買―記帳方法―分記法



分記法とは

分記法の定義・意味など

分記法(ぶんきほう)とは、商品売買取引商品勘定資産)と商品売買益勘定収益)の2つの勘定科目で処理する方法をいう。

勘定科目
取引内容
性格
商品勘定 商品仕入れたときに仕入原価で記帳 資産勘定
商品売買益勘定 商品を販売したときに仕入原価売価との差額を記帳 収益勘定

分記法の位置づけ・体系(上位概念等)

商品売買取引の記帳方法

分記法は、商品売買取引の記帳方法のひとつである。

商品売買取引の記帳方法には次の3つの方法がある。

  1. 三分法三分割法
  2. 分記法
  3. 総記法

一般に知られているのは三分法と分記法であり、なかでも三分法が一般的に用いられている。

分記法の目的・役割・意義・機能・作用など

分記法では、商品資産と考えて、その動きをすべて仕入原価を通して記帳する。

すなわち、期中商品仕入れたときは(三分法のように仕入勘定費用処理をするのではなく)商品勘定を用いて仕入原価資産計上し、商品を販売したときは売価仕入原価との差額(つまり、売上総利益粗利)を商品売買益勘定を用いて収益に計上する。

なお、分記法では決算時には仕訳は必要ない。

分記法のメリットとデメリット

分記法のメリット
リアルタイムの政状態と経営責任

分記法では、リアルタイムに、期中商品勘定借方残高から在庫商品残高政状態)を把握でき、また、売上総利益を表す商品売買益勘定から経営成績を把握できるというメリットがある。

分記法のデメリット

商品売買益勘定を用いて直接的に売上総利益を記帳するためには、その都度、仕入原価を確定しなければならず、これは一般的には現実的ではない。

分記法の決算等における位置づけ等

分記法の財務諸表における区分表示表示科目

表示科目
商品商品売買益

分記法では、勘定科目名と貸借対照表損益計算書上の表示科目名が一致する。

なお、三分法では、勘定科目名と表示科目名が異なってくる。

分記法の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
期中(購入・取得時)

商品仕入れたとき)

商品勘定

商品仕入れたときは仕入原価商品勘定資産)の借方に記帳して資産計上する。

商品を販売したとき)

商品商品売買益勘定

商品を販売したときは商品勘定貸方に記帳してこれを減少させるとともに、売価仕入原価との差額を商品売買益勘定貸方に記帳して収益計上する。

取引の具体例と仕訳の仕方

期中(購入・取得時)
商品仕入れたとき

取引

商品現金仕入れた。

仕訳

借方科目
貸方科目
商品 ✕✕✕✕ 現金 ✕✕✕✕

商品を販売したとき

取引

商品現金で販売した。

仕訳

借方科目
貸方科目
現金 ✕✕✕✕ 商品 ✕✕✕✕
商品売買益 ✕✕✕✕

期末決算時)等

仕訳なし



| 現在のカテゴリ:商品売買 |

現在のカテゴリ:商品売買

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「商品売買」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 商品売買
  2. 商品売買―記帳方法―三分法(三分割法)
  3. 商品売買―記帳方法―分記法
  4. 商品売買―記帳方法―総記法
  5. 商品売買―原価・売価・売上総利益―仕入原価(原価)
  6. 商品売買―原価・売価・売上総利益―仕入原価(原価)―仕入原価(仕入)と売上原価との違い・関係
  7. 商品売買―原価・売価・売上総利益―売価
  8. 商品売買―原価・売価・売上総利益―売上総利益(粗利)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:商品売買 の位置づけ

現在のカテゴリ:「商品売買」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー