販売促進費用 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

販売促進費用



販売促進費用とは

販売促進費用の定義・意味など

販売促進費用(はんばいそくしんひよう)とは、商品製品サービスの販売の促進を目的に支出する費用をいう。

販売促進費用の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
販売促進費

販売促進費用は、支出する費用の内容に応じて、次に掲げる勘定科目借方に記帳して費用計上する。

ただし、厳密には区分されていないこともある。

また、法上の規定からの制約があるので注意を要する。

詳細については、それぞれのリンクをクリック。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

年末年始に取引先に配布する自社のカレンダーを製作(印刷)し、代銀行振込で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
広告宣伝費 ✕✕✕✕ 普通預金 ✕✕✕✕




| 現在のカテゴリ:は行―は |

現在のカテゴリ:は行―は

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 16 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「は行―は」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 配当金
  2. バインダー
  3. はがき(ハガキ・葉書)
  4. 派遣
  5. はさみ(ハサミ)
  6. 破産債権
  7. 端数利息
  8. パソコン(購入)
  9. パソコン(リース)
  10. 罰課金(罰科金)
  11. 罰金
  12. パテント
  13. パートタイマー(アルバイト)
  14. 反則金
  15. 販売促進費用



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:は行―は の位置づけ

現在のカテゴリ:「は行―は」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー