カレンダー代(カレンダー製作費) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

カレンダー代(カレンダー製作費)



カレンダー代の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
広告宣伝費

営業活動で不特定多数の人に配布するカレンダーにかかる費用広告宣伝費勘定借方に記帳して費用計上する。

なお、カレンダー代は租税特別措置法および措置法を受けた租税特別措置法施行令で交際費の範囲から除外されているので、交際費勘定で処理することはできない。

租税特別措置法
交際費等損金不算入
第六十一条の四  …
 第一項に規定する交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(以下この項において「接待等」という。)のために支出するもの(次に掲げる費用のいずれかに該当するものを除く。)をいい、…。

 前二号に掲げる費用のほか政令で定める費用

租税特別措置法施行令
交際費等の範囲)
第三十七条の五  …
 法第六十一条の四第四項第三号 に規定する政令で定める費用は、次に掲げる費用とする。
 カレンダー、手帳、扇子、うちわ、手拭いその他これらに類する物品を贈与するために通常要する費用
 会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用
 新聞雑誌等の出版物又は放送番組を編集するために行われる座談会その他記事の収集のために、又は放送のための取材に通常要する費用

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

年末年始に取引先に配布する自社カレンダーを製作(印刷)し、代銀行振込で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
広告宣伝費 ✕✕✕✕ 普通預金 ✕✕✕✕

カレンダー代の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

課税取引

消費税法上、カレンダー代は課税取引に該当し、仕入税額控除の対象となる。



| 現在のカテゴリ:か行―か(かなーかん) |

現在のカテゴリ:か行―か(かなーかん)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 22 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行―か(かなーかん)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 金型
  2. 株式取得
  3. 株式の発行
  4. 株式申込証拠金
  5. カメラ
  6. 貨物代表証券の取得
  7. 貨物代表証券の転売
  8. ガラス(ガラスの交換・ガラス代)
  9. 仮受金
  10. 仮払い
  11. 科料
  12. カレンダー代(カレンダー製作費)
  13. 過料
  14. 為替証書
  15. 為替手形
  16. 関係会社
  17. 監査報酬
  18. 乾電池
  19. 看板
  20. 還付金
  21. 官報公告
  22. 関連会社



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:か行―か(かなーかん) の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行―か(かなーかん)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー