ウェブサーバ - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

ウェブサーバ



(" レンタルサーバ(レンタルサーバー ホスティングサービス) "から複製)

レンタルサーバとは

レンタルサーバの定義・意味など

サーバ機の諸機能(Webサーバメールサーバ等)を、インターネット経由で顧客に利用させるサービスホスティングサービスというが、このサーバ機のことをレンタルサーバという。

利用者側から見れば、サーバ機の構築・管理・運用等を外部にアウトソーシングしているということになる。

なお、一般的には、1台のサーバ機を複数の利用者で使用するタイプのもの(共用サーバ・共用ホスティング)が多いが、1台を丸ごと使用できる専用サーバタイプのもの(専用ホスティング)もある。

レンタルサーバのメリットとデメリット

レンタルサーバのメリット

レンタルサーバを利用することにより、サーバ機の構築・管理・運用保守にかかる専門知識や時間・労力が不要となり、コスト的にも安い。

また、サーバ機を自宅または自社内を置かず、外部にアウトソーシングすることで、停電・地震等の不可抗力に対するリスクを軽減することができる。

レンタルサーバのデメリット

レンタルサーバでは、自由度が低くなる。

レンタルサーバと関係する概念

類似概念
ハウジング(ハウジングサービス

顧客が所有するサーバ機を預かるサービスをハウジングまたはハウジングサービスという。

サーバ機の管理・運用保守だけをアウトソーシングするサービスである。

サーバ機の選定や構築の自由度が高くなるというメリットがある。

レンタルサーバ会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

通信費賃借料

レンタルサーバ料は、通信(情報発信)にかかる費用として、一般的には通信費勘定を用いて処理をする。

ただし、ネットショップ(インターネットショッピング)等を運営しているのであれば、賃借料勘定などを用いて処理をしてもよい。

また、多くのレンタルサーバを利用していて、その利用料が多額であれば、独立した科目(あるいは補助科目)を新たに設定して管理してもよい。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

レンタルサーバの利用料銀行振込で支払った。

仕訳

借方科目貸方科目
通信費 ×××× 預金普通預金当座預金 ××××




| 現在のカテゴリ:あ行―う |

現在のカテゴリ:あ行―う

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「あ行―う」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ウェブサーバ
  2. 請負
  3. 受取手形
  4. 打ち合わせ飲食費
  5. 内金
  6. 裏書譲渡
  7. 売上げ
  8. 売上計算書の受取り
  9. 売上諸掛
  10. 売上値引
  11. 売上戻り(売上返品)
  12. 売上割引
  13. 売上割戻
  14. 売掛金
  15. 売掛金の回収
  16. 売掛金の貸倒(売掛金の回収不能)
  17. 運送保険料
  18. 運送料
  19. 運動会



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:あ行―う の位置づけ

現在のカテゴリ:「あ行―う」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー