[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


元手


(" 元入金―増加―資本の元入れ―元手 "から複製)

元手とは 【capital

元手の定義・意味など

元手(もとで)とは、個人事業主事業開始時に調達した自己資本をいう。

元手の目的・役割・意義・機能・作用など

事業事業の調達からスタートするが、多くの場合は自己資本元手によってまかなわれる。

村形聡 『スラスラ読める 簿記の本』 新星出版社、2004年、138項。

元手の範囲・具体例

会社法上、元手出資事業)のほか、銭以外の現物出資土地建物自動車パソコンなど)も含む。

ただし、実際には現金預金などの事業として調達される。

元手会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

元手会計処理や具体的な仕訳の仕方については、次のページを参照。

元入金



現在のページのサイトにおける位置づけ

現在のページが属するカテゴリ内のページ一覧[全 18 ページ]

  1. 満期返戻金(満期保険金)(生命保険)
  2. 前払い(内金・手付金)
  3. 窓ガラス
  4. 未収
  5. 未着品売買
  6. 未払い
  7. 見本品
  8. 見舞金
  9. 身元保証金
  10. 無申告加算税
  11. 棟上げ
  12. 名刺
  13. メールサーバ
  14. メール便
  15. 免許取得費(免許取得費用)
  16. 元入れ
  17. 元入金
  18. 元手

現在のページが属するカテゴリのサイトにおける位置づけ



プライバシーポリシー