郵送(郵便) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

郵送(郵便)



郵送とは

郵送の定義・意味など

郵送(ゆうそう)とは、郵便で送ることをいう。

岩波書店 『広辞苑 第六版』など

つまり、郵便物(信書(はがき封筒(封書))や荷物)を国内または国外へ配達することをいう。

郵便物の分類・種類

郵便物は、内国郵便物と国際郵便物とに大別される(参考 郵便約款・国際郵便約款)。

そして、内国郵便物には第一種から第四種までの区別がある。

また、通常郵便物と小包郵便物の区別もある(郵便法)。

郵便法
第十四条 (郵便物の種類)  郵便物は、第一種郵便物、第二種郵便物、第三種郵便物及び第四種郵便物とする。
附則
(郵便法の一部改正に伴う経過措置)
第六十条  この法律の施行前に差し出された第十四条の規定による改正前の郵便法(以下この条において「旧郵便法」という。)第三十条に規定する小包郵便物(以下「小包郵便物」という。)については、なお従前の例による。

国際郵便約款
国際郵便物
第9条 国際郵便物の種類は、通常郵便物、小包郵便物及び国際スピード郵便物(以下「EMS郵便物」といいます。)とします。

郵送料の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
通信費または荷造発送費

郵送料は、取引先等へ書類(信書)のほか書籍消耗品・備品等※1を郵送した場合は通信費勘定費用)、得意先等へ商品製品を郵送した場合は荷造発送費勘定費用※2借方に記帳して費用計上する。

※1郵便物(通常郵便物)のほか、レターパック小包郵便物の一種)でも荷物のほか信書を送ることができる。

※2荷造発送費は、得意先等へ商品製品を販売するための荷造と発送にかかる費用などを処理する費用勘定である。

ただし、ダイレクトメールの郵送料は、支出の目的から勘案し、広告宣伝費勘定で処理したほうが妥当である。

駒井伸俊 『世界一使いやすい!勘定科目仕訳の事典』 秀和システム、2007年、223項。岩崎恵利子 『パッと引いて仕訳がわかる 逆引き勘定科目事典』 シーアンドアール研究所、2009年、149項。

取引の具体例と仕訳の仕方

書類・書籍消耗品・備品等の場合

取引

商品カタログゆうパックで客先に送った。

仕訳

借方科目
貸方科目
通信費 ✕✕✕✕ 現金 ✕✕✕✕

商品製品の場合

取引

商品ゆうパックで客先に送った。

仕訳

借方科目
貸方科目
荷造発送費 ✕✕✕✕ 現金 ✕✕✕✕

郵送料の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

課税取引免税取引

消費税法上、郵送料は消費税の課税対象となる(仕入税額控除の対象となる)。

ただし、務上、国外へのもの(小包郵便物の場合は国際輸送の一環として行われる国内輸送区間における輸送を含む)は輸出免税とされる。

No.6551 輸出取引の免消費税国税庁 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6551.htm

消費税法基本通達
輸出免税等の具体的範囲)
7-2-1 法第7条第1項及び令第17条各項《輸出免税等の範囲》の規定により輸出免税とされるものの範囲は、おおむね次のようになるのであるから留意する。

(3) 国内及び国外にわたって行われる旅客又は貨物の輸送(国際輸送の一環として行われる国内輸送区間における輸送を含む。)

(9) 国内と国外との間の通信又は郵便若しくは信書便



| 現在のカテゴリ:や行―ゆ |

現在のカテゴリ:や行―ゆ

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「や行―ゆ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 有価証券
  2. 有形固定資産の買換
  3. 有形固定資産の除却
  4. 有形固定資産の滅失
  5. 融資
  6. 有線放送
  7. 郵送(郵便)
  8. ゆうパック
  9. 郵便為替証書
  10. 郵便切手
  11. ゆうメール
  12. 有料道路代
  13. ユニフォーム



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:や行―ゆ の位置づけ

現在のカテゴリ:「や行―ゆ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー