国債 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


国債


国債とは 【government bonds

国債の定義・意味など

国債(こくさい)とは、国が発行する公債をいう。

国債の目的・役割・意義・機能・作用など

「国の借

国債については、「国の借」という用語がよく使用される。

ただし、この表現には批判もある。

国債の分類・種類

国債は、たとえば、次のような種類に分類できる。

国債の位置づけ・体系(上位概念等)

公社債

国が発行する国債と地方公共団体が発行する地方債公債といい、公債株式会社が発行する社債をあわせて公社債という。

なお、公社債は、株式投資信託などとならび投資型の金融商品のひとつに位置づけられる。

国債の法的根拠・法律など

財政法

国債に関する原則・規則・ルール

国債発行の原則

財政法は、国債発行によるインフレを防止するため、次の2つの原則によって安易な国債発行を抑制している。

1.建設国債の原則

財政法は、原則として、国債の発行を禁止したうえ、例外的に、建設国債の発行だけを認めている(建設国債の原則)。

つまり、財政法では、赤字国債を発行することはできない。

ただし、現実には、毎会計年度ごとに、1年限りの時限立法である「公債の発行に特例に関する法律」(政特例法)を制定して赤字国債を発行している。

2.市中消化の原則

国債の日銀引き受けは原則として禁止されている(市中消化の原則)。

国債の金利

経済成長率

国債の金利(国が借をしていくらの金利であれば支払うことができるか)は、収がどれくらいあるかにかかる。

そして、収は経済成長率にかかってくる。

つまり、国債の金利経済成長率に見合ったものとなる。

美和卓 『20歳からの金融入門』 日本経済新聞出版社、2009年、54-55頁。

国債に関する統計指標

日銀国債保有残高

国債の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
売買目的有価証券満期保有目的債券または有価証券

国債を購入したときは、その保有目的により売買目的有価証券または満期保有目的債券資産勘定借方に記帳して資産計上する。

または有価証券勘定で処理してもよい。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

国債100万円を購入した。

仕訳

借方科目
貸方科目
有価証券など 100万 普通預金 100万

国債の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

非課税取引

消費税法上、国債は非課税取引にあたる。



| 現在のカテゴリ:マクロ経済―財政 |

現在のカテゴリ:マクロ経済―財政

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 17 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「マクロ経済―財政」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 国債
  2. 国債―国債発行の原則―建設国債の原則
  3. 国債―国債発行の原則―市中消化の原則
  4. 国債―分類―普通国債(利付国債・利付国庫債券)
  5. 国債―分類―普通国債(利付国債)―発行目的による分類―建設国債
  6. 国債―分類―普通国債(利付国債)―発行目的による分類―赤字国債
  7. 国債―分類―普通国債(利付国債)―償還期間による分類―中期国債
  8. 国債―分類―普通国債(利付国債)―償還期間による分類―中期国債―手続き
  9. 国債―分類―普通国債(利付国債)―償還期間による分類―長期国債
  10. 国債―分類―個人向け国債
  11. 国債―分類―個人向け国債―手続き
  12. 国債―消化―国債の日銀引き受け
  13. 財政法
  14. 財政法―租税法律主義の原則
  15. 財政法―均衡財政の原則
  16. 財政法―建設国債の原則
  17. 財政法―市中消化の原則



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:マクロ経済―財政 の位置づけ

現在のカテゴリ:「マクロ経済―財政」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー