売上戻り(売上戻り高・売上返品) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


売上戻り(売上戻り高・売上返品)


売上戻りとは

売上戻りの定義・意味など

売上戻り(うりあげもどり)とは、販売した商品製品に品違い・品質不良などがあったため、後日、商品が返却された(→返品)場合の返品額を処理する勘定科目をいう。

売上戻りの別名・別称・通称など

売上戻り高・売上返品

売上戻り売上戻り高(うりあげもどりだか)または売上返品(うりあげへんぴん)ともいう。

法人・個人の別

法人・個人

売上戻りは法人・個人で使用される勘定科目である。

売上戻りの目的・役割・意義・機能・作用など

総額主義

売上戻り売上から控除する返品の額を帳簿上で明らかにする(総額主義)ために用いられる勘定科目である。

売上戻りと関係する概念

売上値引

返品と関係する概念として値引がある。

返品値引取引として別のものであるが、会計処理の方法は同じである。

売上戻り売上値引は、それぞれ返品値引商品等の販売側で処理する勘定科目である。

仕入戻し

返品については、仕入側では仕入戻し勘定を使用する。

売上戻りの位置づけ・体系(上位概念等)

売上高控除項目

売上戻りは、売上高控除項目のひとつである。

純額主義による売上高控除項目には、次のようなものがある。

売上割引については、それが利息としての性格を有すること(売上割引は早期に代を回収できたことに対する金融上の費用)から売上高から控除することはできない(つまり、純額主義による会計処理は認められていない)。

ただし、財務諸表規則第72条に明記されているのは、売上値引売上戻りの2つだけである。

財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
売上高の表示方法)
第七十二条  売上高は、売上高を示す名称を付した科目をもつて掲記しなければならない。ただし、第一号の項目を示す名称を付した科目及びその控除科目としての第二号の項目を示す名称を付した科目をもつて掲記することを妨げない。
一  総売上高半製品副産物作業くず等の総売上高及び加工料収入その他の営業収益を含む。)
二  売上値引及び戻り高

売上戻り決算等における位置づけ等

売上戻り財務諸表における区分表示表示科目

表示科目
売上高の控除科目

前述したように、売上戻りは、損益計算書上では売上高の控除科目として売上高から控除して表示する。

売上戻り会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

返品を受けたときは、返品額を売上戻り勘定借方に記帳する(総額主義)。

ただし、商品等の販売時の貸借反対仕訳をして売上を直接減額・控除する方法もある(純額主義)。

実務ではこの方法が一般的である。

取引の具体例と仕訳の仕方

売上戻り勘定を用いて処理する方法(総額主義

取引

で販売した商品1万円のうち一部2千円分に品質不良があったので、返品を受けた。

仕訳

借方科目
貸方科目
売上戻り 2千 売掛金 2千

売上を直接減額する方法(純額主義

取引

で販売した商品1万円のうち一部2千円分に品質不良があったので、返品を受けた。

仕訳

借方科目
貸方科目
売上 2千 売掛金 2千

売上戻り務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

課税取引

消費税法上、売上戻り売上に係る対価の返還となるため、もともとの売上高課税取引である場合は、消費税の課税対象となる(仕入税額控除の対象となる)。



| 現在のカテゴリ:収益―営業収益―売上高 |

現在のカテゴリ:収益―営業収益―売上高

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「収益―営業収益―売上高」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 売上
  2. 売上値引(売上値引高)
  3. 売上戻り(売上戻り高・売上返品)
  4. 売上割戻(売上割戻高・売上リベート)
  5. 未着品売上
  6. 積送品売上
  7. 試用品売上
  8. 割賦売上



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:収益―営業収益―売上高 の位置づけ

現在のカテゴリ:「収益―営業収益―売上高」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー