クレジットカード - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

クレジットカード



クレジットカードとは 【credit card

クレジットカードの定義・意味・意義

クレジットカードとは、クレジットカード会社が会員に信用(credit クレジット)を供与するために発行するカードをいいます。

 

会員はクレジットカードが利用できる加盟店で買物などをする場合、支払いの際にクレジットカードを提示し、署名することで、代を直接、預金口座から引き落とすことができます。

 

クレジットカードの位置づけ・体系

クレジットカードは支払手段の一つです。

支払手段」については次のページを参照してください。

貨幣・通貨(お金・カネ・マネー)―機能―支払手段(支払い手段)

 

クレジットカードの種類・具体例

主なクレジットカードには次のようなものがあります。

  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB
  • Diners Club

 

クレジットカードの支払方法

クレジットカードには次のような支払方法があります。

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い(リボ払い)
  • ボーナス払い

 

なお、堀江貴文氏は、『お金はいつも正しい』で次のように述べています。

クレジットカードを持つことができるのならばそれはフル活用してください。でも間違ってもリボルビング払いをしてはいけません。
キャッシングもショッピングもかならず1回払いにすること、…

堀江貴文 『お金はいつも正しい』 双葉社、2011年、67頁。

 

クレジットカードのメリットとデメリット

次のページを参照してください。

クレジットカードのメリットとデメリット

 

クレジットカードの会計簿記経理上の取り扱い

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・勘定科目取引仕訳

ほとんどのクレジットカード会社では、当月利用分の支払い・決済を翌月以降の特定日としている。

したがって、クレジットカードを利用して経費を支払った場合、現金支払いのようにその都度経理処理を行うのではなく、一般に月末に一括して経理処理を行う。

これにより効率的な経理処理が可能となる。

1.クレジットカードで代を支払ったとき

実務上、クレジットカードで代を支払った時点では経理処理は行わず、月末(あるいは年度末)に一括して行う。

ただし、その際、領収書とクレジットカードの利用代明細書が渡されるので、これを保存しておく。

なお、クレジットカードの利用代明細書には、利用日、加盟店名(利用店舗)、額しか記載されていない。

したがって、利用代明細書だけでは取引内容・明細がわからないので、領収書は必ず保存しておく必要がある。

取引内容が明らかでないと、月末で処理を行う際、勘定科目を決定することができないからである。

2.月末

領収書とクレジットカードの利用代明細書をもとに、支払った代を各々の費用勘定または資産勘定借方に計上し、その合計額を未払金勘定貸方に計上する。

ただし、仕入に係る費用の場合は買掛金勘定を用いる。

仕訳

借方科目貸方科目
消耗品費 ×××× 未払金 ××××
新聞図書費 ××××
旅費交通費 ××××

3.クレジットカードの利用代預金口座から引き落とされたとき

仕訳

借方科目貸方科目
未払金 ×××× 預金普通預金当座預金 ××××

なお、クレジットカードの決済日か近づくと、クレジットカード会社から利用代明細書が郵送されてくるので、これを保存してある個々の領収書等と照合する。



| 現在のカテゴリ:か行―く |

現在のカテゴリ:か行―く

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行―く」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 空気清浄機
  2. 空気調和設備(空調設備)
  3. 組合費(組合会費)
  4. クラウドサービス
  5. クリーニング代
  6. 繰延資産
  7. 繰延資産償却費(繰延資産の償却費)
  8. クリックポスト
  9. クレジットカード



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:か行―く の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行―く」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー