積立保険料 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。


積立保険料


(" 保険積立金(積立保険料) "から複製)

保険積立金とは

保険積立金の定義・意味など

保険積立金(ほけんつみたてきん)とは、会社が加入した生命保険損害保険保険料のうち、満期返戻金に相当する部分(=満期により受け取る積立ての貯蓄部分)を処理する資産勘定をいう。

法人・個人の別

法人

保険積立金は法人特有の勘定科目である。

保険積立金の別名・別称・通称など

積立保険料

保険積立金積立保険料ともいう。

保険積立金の目的・役割・意義・機能・作用など

一般に、保険には、死亡等により受け取る捨ての保険部分と、満期等により受け取る積立ての貯蓄部分がある。

このうち、積立ての貯蓄部分については、預金金融商品と同様の経済効果があるため、資産計上する必要がある。

そのために、費用計上する捨ての保険部分を処理するための保険料支払保険料勘定と区別して使用される勘定科目保険積立金勘定である。

保険積立金の範囲・具体例

養老保険などが該当する。

保険積立金決算等における位置づけ等

保険積立金財務諸表における区分表示表示科目

貸借対照表資産固定資産投資その他の資産保険積立金

保険積立金会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

会社生命保険損害保険に加入した場合、保険会社から受け取る書類に保険料の内訳が記載されている。

そこで、これを参考にして、保険料を支払ったときは満期返戻金に相当する部分を保険積立金勘定借方に記帳して資産計上する。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

保険料10万円を支払った。なお、保険料のうち8万円は満期返戻金(積立ての貯蓄部分)に相当する。

仕訳

借方科目
貸方科目
保険積立金(積立保険料) 8万 普通預金 10万
保険料支払保険料 2万

保険積立金務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

不課税取引課税対象外)

保険積立金消費税の課税対象外である。



| 現在のカテゴリ:費用―販売管理費―た行 |

現在のカテゴリ:費用―販売管理費―た行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「費用―販売管理費―た行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 退職給付費用(退職給付引当金繰入)
  2. 退職共済掛金(退職金共済掛金)
  3. 退職金(退職給付・退職給与)
  4. 退職金(退職給与)の原資
  5. 退職金(退職給与)―税務―必要経費算入・損金算入
  6. 棚卸減耗費(棚卸減耗損)
  7. 地代家賃(不動産賃借料・支払家賃)
  8. 地代家賃―会計処理
  9. 中退共掛金
  10. 調査費
  11. 賃借料
  12. 通勤手当(通勤費)
  13. 通信費
  14. 積立保険料



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:費用―販売管理費―た行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「費用―販売管理費―た行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー