後援会の会費 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

後援会の会費



後援会の会費の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等

後援会の会費の会計処理は後援会の実態により異なる。

政治家・政党の後援会の会費の場合

寄付金諸会費

務上、「政治団体に対する拠」は寄付金とされている。

租税特別措置法通達
寄附金交際費等との区分)
61の4(1)-2 事業に直接関係のない者に対して銭、物品等の贈与をした場合において、それが寄附金であるか交際費等であるかは個々の実態により判定すべきであるが、銭でした贈与は原則として寄附金とするものとし、次のようなものは交際費等に含まれないものとする。
(1) 社会事業団体、政治団体に対する拠
(2) 神社の祭礼等の寄贈

他方、国税庁のタックスアンサーでは、政党の後援会の会費は「継続的、定期的に納入する銭であり、一定の規約等に基づいた債務の履行として支払うものであることから」寄付金にはあたらないとされている

No.1154 政治献金寄附金所得国税庁 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1154_qa.htm

つまり、会費という名目であっても支出する側に任意性があり、直接の対価性が認められない会費(たとえば、不特定多数の者に対して無償で配布される機関紙等を会員が受け取っている程度)は寄付金勘定で処理をし、任意性がなく債務の履行として支払う=会員たる地位にあるものが会を成り立たせるために負担すべきものであって寄付金と異なり対価性を有するのであれば諸会費勘定で処理をする。

参考:Q&A - 日本制研究所 http://www.zeiseiken.or.jp/faq/kouekihoujin/kouekihoujin_a006.html

得意先等の後援会の会費の場合

交際費

得意先・仕入先その他事業に関係ある者の後援会の会費は交際費勘定で処理をする。

取引の具体例と仕訳の仕方

政治家・政党の後援会の会費

取引

政治家の後援会の会費を支払った(直接の対価性は認められない)。

仕訳

借方科目
貸方科目
寄付金 ✕✕✕✕ 現金 ✕✕✕✕




| 現在のカテゴリ:か行―こ(こう) |

現在のカテゴリ:か行―こ(こう)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 25 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行―こ(こう)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 後援会への寄付
  2. 後援会の会費
  3. 講演料・原稿料
  4. 更改(手形)
  5. 交換手形
  6. 工具
  7. 航空運賃(航空料金・航空券代・飛行機代)
  8. 航空貨物運賃
  9. 航空便(航空郵便)
  10. 広告掲載
  11. 広告塔
  12. 交際費等
  13. 講師謝礼
  14. 講習会(参加費用・開催費用等)
  15. 更新料
  16. 更生債権
  17. 厚生年金保険料
  18. 高速券
  19. 高速道路代(有料道路代)
  20. 交通事故
  21. 交通反則金
  22. 交通費
  23. 公的年金
  24. 香典
  25. 公認会計士報酬(公認会計士費用)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:か行―こ(こう) の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行―こ(こう)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー