忘年会・新年会 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

忘年会・新年会



忘年会・新年会の会計簿記経理上の取り扱い

会計経理処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

忘年会・新年会を社内で(内輪だけで)開催した場合

たとえば、会社として忘年会・新年会を開催し、会社がその費用を全額負担する場合、かかった費用は、原則として、福利厚生費で処理をする。

また、従業員から一定の会費を集め、不足分を会社が負担する場合は、その不足分だけを福利厚生費で処理をする。

従業員から集めた会費は特に計上しない。

ただし、たとえば、役員や特定の社員などだけが対象の場合には、給与役員給与)、または交際費として処理をする。

忘年会・新年会に外部の取引先・得意先なども招待した場合

忘年会・新年会に外部の取引先・得意先などを招待し、その費用会社が負担した場合には、交際費接待交際費)で処理をする。

また、外部の取引先・得意先などから会費を集め、入金があった場合も、その不足分だけを交際費接待交際費)で処理をする。

社員・外部の双方から会費を集め、不足分を会社が負担した場合(複合的事例)

忘年会・新年会に外部の取引先・得意先などを招待し、社員と外部の取引先等の双方から会費を集め、不足分を会社が負担した場合は、たとえば、次のように処理するのが確実である。

  1. 社員と外部の取引先等の双方から集めた会費は、雑収入で処理をする。
  2. 社員に関して会社が負担した費用は、福利厚生費で処理をする。
  3. 外部の取引先等に関して会社が負担した費用は、交際費接待交際費)で処理をする。

取引仕訳の具体例・事例

忘年会に外部の取引先・得意先などを招待し、社員と外部の取引先等の双方から会費を集め、不足分を会社が負担した。
なお、忘年会の費用は1人あたり6千円。社員10人、外部の取引先等5人で、それぞれ千円ずつ会費を集めた。

借方科目 貸方科目
福利厚生費 60000 現金 75000
交際費 30000 雑収入 15000



| 現在のカテゴリ:は行―ほ |

現在のカテゴリ:は行―ほ

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 24 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「は行―ほ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 報酬
  2. 法人県民税
  3. 法人事業税
  4. 法人市民税
  5. 法人住民税
  6. 法人税
  7. 法人税等
  8. 法人税等の計上(決算時)
  9. 法人税等の中間申告・納付
  10. 法人税等の納付(確定申告時)
  11. 法人税等の還付金
  12. 法人税等の欠損金の繰戻しによる還付金
  13. 法定外福利
  14. 法定福利
  15. 忘年会・新年会
  16. 保険金
  17. 保証小切手(預金小切手・預手)
  18. 保証債務(保証)
  19. 保証料
  20. 舗装
  21. ボックスファイル
  22. ボーナス
  23. ホームページ作成費用
  24. ボールペン(ボールペン代)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:は行―ほ の位置づけ

現在のカテゴリ:「は行―ほ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー