食事代 - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

食事代



食事代

食事代の所得法上の取り扱い

非課所得

所得法上、役員・従業員の食事代は、一定の条件を満たせば、経済利益に該当せず、給与として課されない。つまり、一定の食事代は非課所得とされている。

務上、非課所得とされている食事代には、次の2つがある。

  1. 残業夕食代夜食代
  2. 上記以外の昼食代などの食事代

なお、それぞれ非課所得とされる要件が異なる。

1.残業夕食代夜食代

残業や宿日直をした者に支給する食事

務上、残業や宿日直をした者に食事を支給した場合、その食事代は給与として課されない(給与所得の非課)。

所得基本通達
(課しない経済利益……残業又は宿日直をした者に支給する食事)
36-24 使用者が、残業又は宿直若しくは日直をした者(その者の通常の勤務時間外における勤務としてこれらの勤務を行った者に限る。)に対し、これらの勤務をすることにより支給する食事については、課しなくて差し支えない。

参考

このことは、一人会社の場合、社長の残業夕食代夜食代経費になることを意味する。

具体的に言えば、定時を超えて残業等していれば、飲食店・喫茶店等で食事をしても、あるいは、弁当を買ったり、出前をとってもかまわない。

ただし、あくまで現物支給という建前を取る必要がある。

食事手当てなどとして現金を渡すかたちにすると給与として扱われ、所得課税対象となる。

なお、レシートをもらえれば、時間が記載されているので、残業食事代等であるとの証明・説明ができる。

2.上記以外の昼食代などの食事代

上記以外の昼食代等の食事代については、次の条件を満たせば、経済利益に該当せず、給与として課されない(給与所得の非課)。

  1. 半額以上を従業員等が負担すること
  2. 1カ月の会社の負担額が3500円以内であること

所得基本通達
(食事の支給による経済利益はないものとする場合)
36-38の2 使用者が役員又は使用人に対して支給した食事(36-24の食事を除く。)につき当該役員又は使用人から実際に徴収している対価の額が、36-38により評価した当該食事の価額の50%相当額以上である場合には、当該役員又は使用人が食事の支給により受ける経済利益はないものとする。ただし、当該食事の価額からその実際に徴収している対価の額を控除した残額が月額3,500円を超えるときは、この限りでない。

食事代の会計簿記経理上の取り扱い

会計処理方法

使用する勘定科目・記帳の仕方等
福利厚生費

役員・従業員の食事代は所定の要件を満たす場合は、経済利益に該当せず、給与として課されない。

したがって、この場合は役員報酬給与手当勘定ではなく、福利厚生費勘定費用)の借方に記帳して費用計上する。

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

残業した従業員に夕食を支給した。

仕訳

借方科目
貸方科目
福利厚生費 ✕✕✕✕ 現金 ✕✕✕✕

食事代の務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

課税取引

食事代は消費税の課税対象となる(仕入税額控除の対象となる)。



| 現在のカテゴリ:さ行―し(しょかーしょん) |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「さ行―し(しょかーしょん)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 書画
  2. 除却
  3. 食事代
  4. 植物
  5. 書籍代
  6. 食器



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:さ行―し(しょかーしょん) の位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―し(しょかーしょん)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー