ソフトウェア(10万円未満) - [経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

[経済]簿記勘定科目一覧表(用語集)

勘定科目を体系的に分類し、仕訳の仕方等を解説した会計の実務的マニュアルです。

ソフトウェア(10万円未満)



ソフトウェア会計簿記経理上の取り扱い

ソフトウェア会計処理方法・簿記の記帳の仕方・使用する勘定科目

使用する勘定科目・記帳の仕方等
消耗品費通信費

ソフトウェア固定資産に該当し、原則として、ソフトウェア勘定を使用して資産計上をして減価償却する必要がある。

ただし、取得価額が10万円未満のソフトウェアについては、他の減価償却資産と同様に少額減価償却資産として費用処理をすることができる(つまり、取得時の経費とすることができる)。

この場合、具体的には、消耗品費または通信費勘定などを使用して処理をする。

一般的には消耗品費勘定で処理をするが、たとえば、スマートフォンの料といっしょに請求されるような課アプリなどであれば、スマートフォン料とともに通信費勘定で処理をしてもよい。

また、取得価額の判定に際し、消費税の額を含めるかどうかについては納者の経理方式による。

すなわち、経理であれば消費税を含んだ額で、経理であれば消費税を含まない額で判定する。

なお、免税事業者経理方式は経理になる。

No.2100 減価償却のあらまし|所得国税庁 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

取引の具体例と仕訳の仕方

取引

ソフトウェアを購入し、現金で支払った。

仕訳

借方科目
貸方科目
消耗品費 ×××× 現金 ××××

ソフトウェア務・法・制上の取り扱い

消費税の課・非課・免・不課(対象外)の区分

課税取引

消費税法上、ソフトウェア課税取引に該当し、仕入税額控除の対象となる。



| 現在のカテゴリ:さ行―そ |

現在のカテゴリ:さ行―そ

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「さ行―そ」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 送金小切手
  2. 造作
  3. 増資
  4. 相続税
  5. 測量代(測量費用・測量士報酬・測量士費用)
  6. 粗大ゴミ(粗大ごみ)
  7. ソフトウェア(10万円以上)
  8. ソフトウェア(10万円未満)
  9. 損害賠償金(慰謝料・示談金)
  10. 損害保険料



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:さ行―そ の位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行―そ」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プライバシーポリシー